夫婦の営みの必要性と夫婦関係への影響

夫婦間の夜の営みがなくても円満な夫婦は存在しますから、必ずしも夫婦の間に夜の営みが必要だとは限りません。
でもそれは、お互いが夜の営みが必要ないと感じている場合にのみ限ります。
もしどちらか一方だけがそう感じているのだとしたら、それは夫婦の関係に良くない影響をもたらしてしまうでしょう。

他には相手に何の問題や不満がなくても、性生活に関する考えが合わない場合は夫婦の絆に目に見えないヒビが入っていく可能性があります。

お互いが夜の営みを必要としない一部の夫婦をのぞけば、多くの場合夫婦生活を円満に続けていくには夜の営みは必要不可欠となるでしょう。

ただ交際中や新婚時と同じ位の頻度を保つ事は、男女ともに難しいくなるはずです。
まず月日の経過による年齢的なものもありますし、子供が産まれると中々夫婦二人の時間を確保する事が難しくなっていくものです。
その為どうしてもそういった雰囲気にならなかったり、時間がなかったりと夫婦の夜の営みには様々な障害がつきものです。

個人差や年代もありますが、夫婦の場合は週に1回営みがあれば良いのではないでしょうか。
ベストな回数は、やはり人によって違うのでもっと回数を増やしたい方、もっと少なくてもいい方がいるはずです。

ただ週に1回程度なら、夜の営みに精力的な人(夜の営みにはこの媚薬)もあまり夜の営みに積極的でない人もお互いに妥協出来る回数だと思います。

性行為が少なくなっているのは、日本人が夫婦は恋人ではなく家族という意識が強いからと言うのが理由の一つだと考えています。
その代わり男性も女性も夫婦以外の相手と関係を持っている人が増えてきているのではないでしょう。
お互いがそれでいいなら構いませんが、これは嘆かわしい現状だと思います。

臭ってしまうすそわきがの対処方法

気になるすそわきがの臭い、人にも相談しにくく密かに悩んでいる人も多いことでしょう。

なぜすそわきがが臭うのかというと、色々な原因が考えられます。女性の下着は締め付けがきついものが多く、デリケートゾーンと密着しているので垢や汗などが溜まってきつい臭いを発する原因となります。その他にも、ホルモンバランスが崩れやすい整理前や、体調の悪い時などは特におりものも増えて臭いがきつくなってしまうのです。

こういったことが原因の臭いはシャワーなどである程度軽減することができます。ただし、普通の体用のソープでは刺激が強すぎて余計に雑菌が入ってしまう可能性もあります。デリケートゾーンは粘膜なので少しの刺激でも荒れてしまうのでできるだけすそわきが用石鹸のような刺激の少ないソープを選ぶようにしましょう。女性器は複雑な形をしているので泡で優しく洗うようにしてください。他にもビデを使うこともおすすめです。膣を直接洗うことができる物で、すそわきが専用なので安心して利用することができます。常に清潔に保つためにおりものシートも利用することも臭いを防ぐ大事なアイテムです。

これでほとんどは臭いが軽減されるはずですが、元々体臭がきつい体質の人もいるのです。このような人は臭いは軽減できても、根本的な解決にはなりません。できるだけ、専門的な病院で治療が必要な場合もあります。

他にも、性病などによって臭いがきつくなっている可能性もあります。普段よりもおりものが多かったり、きつかったりした場合はすぐに病院で診てもらう事が大切です。

抜け毛を予防するためにしていること

朝起きると、枕に髪の毛がごっそりとついていることがあります。
そういう場合には、すごくショックで、鏡を見てどこが抜けたのだろうと確認することもあります。
私は今妊娠中なのですが、妊娠してから、髪が抜けることが多くなりました。
ホルモンバランスがおかしくなっているのが原因とも思われますが、出産後は髪がまたごっそりと抜けるというのを聞いて、今からどうしようかと思っています。
この抜け毛を何とかしたいと思い、女性用の育毛剤に頼るのではなく髪に良いことも始めました。
まず、お風呂から出たら、ドライヤーで髪を乾かすようになりました。
今までは、濡れたままで自然乾燥していたのですが、濡れた髪だと、菌が繁殖しやすく、髪にダメージを与え、抜け毛にも繋がると聞いて、それから面倒でも乾かすようになりました。
また、睡眠もしっかりと取り、どうしても眠れない時には、昼寝をして、睡眠不足を補うように心がけました。
それに、食事も見直し、野菜をしっかりと食べるようにしました。
以前は野菜があまり好きではなく、肉ばかり食べていたのですが、抜け毛にはバランスの良い食事が良いと聞いて、野菜を意識して取るようにしました。
食事の用意が面倒な時には、キャベツ、人参、ピーマン、玉ねぎなどを適当に切って、豚肉と合わせて炒めたり、ブロッコリーを電子レンジで温めて温野菜にして食べたりしています。
また、口が寂しい時には、お菓子を食べるのではなく、炒りゴマを食べるようにしました。
ゴマには、鉄分やマグネシウムなどの髪にも身体にも良い成分が含まれているので、出来るだけ気がつけば食べるようにしています。
このような食生活をしていますが、今のところごっそりと髪が抜けることは少なくなりました。
これから出産ですが、出来るだけ身体に良いことをして、髪や身体が早く回復出来るようにしたいと思います。

健康で逞しい体づくりこそが絶対に痩せる道

絶対に痩せるサプリや薬

昨今では無数のダイエット方法がメディアで取沙汰されていますが、どの方法も「確実に痩せる」とはいえません。偏った食事方法をしたり、ローカロリー食に置き換えてみたりしても、他のところでカロリーを摂りすぎてしまうこともよくあるからです。一般的なダイエット法は確実なものではなく、あくまでも「うまくやれば痩せる」程度のものなのです。

痩せるための薬やサプリメントにしても同じです。効く人もいれば効かない人もいます。ある程度の効果は見こめるかもしれませんが、どれも確実ではありません。また、薬の類は内臓に無理な負担をかけてしまいがちで、きついものになると副作用でリバウンドを起こしたりむくんだりということもあり得ます。薬をやめれば元の木阿弥ですし、続ければますます体に害が及びます。体に害があっても良いというのなら、極端な話、入院を必要とするくらいの食あたりになれば体重は確実に落ちますが、それはただの病気でダイエットとはいえないでしょう。

結局のところ「確実に痩せるダイエット」というのは、健康的な生活を送ることではないでしょうか。カロリーを抑え、油と糖分をとりすぎないよう気を付けるのはもちろん、食物繊維をはじめすべての栄養素をバランスよく取り入れることが大事です。そして早寝早起きをし、朝日をあびることで生活にリズムがうまれ上質な睡眠をとることで太りにくい体をつくります。そして一番大事なのが運動です。たまに頑張るのではなく、毎日欠かさず習慣的に運動をすれば脂肪はつきませんし、普段より多めの運動をすれば確実に痩せていきます。

楽な方法で確実に痩せるのは不可能です。たくさんの運動と、体によい健康的な生活を送ることこそが、最も確実なダイエット方法だと私は考えます。

年に1度くらいがちょうどいいんだけど。

今現在、私が妊娠している事もあって、私達夫婦の夜の営みは、ここ数カ月ありません。
旦那はそれがちょっときついみたいですが、妊娠中は私がそういう行為をするのが怖いということが分かっているのと、赤ちゃんに何か影響があっては嫌だということを思って何も言ってきません。

でも、それまでは、潤滑ローションを使って大体月に2回ほどやっていました。
1人目を妊娠・出産する前は1週間に1度くらいでしたが、それ以降は大体この頻度か、ケンカなどをすると月1くらいでした。でも、産後、あまりにも私の疲労とストレスがとんでもないことになり、正直、年に1度くらいがちょうどいいんだけどと思っていました。
でも、2人目の妊娠を決めていたのと、あまりに拒むと旦那が「離婚した方がいいのかもしれない」と本気で言ってくるので、このくらいの頻度に落ち着きました。
そして、今妊娠中で、夜の営みは無い状態ですが、私の気持ちは、「今日はやるのか」などと考えなくていいので楽です。

世の中の人達が、性行為が少なくなっているという事が原因で離婚するという話をよく聞きますが、それが信じられませんでした。
でも、私もそういうことがありそうでしたから、性行為というのは夫婦でい続けるためには大切なのかもしれないと思っています。
その反面、性行為が少なくなっているという現実も、ものすごく理解できます。それが無くてもお互いの気持ちが通じていれば良いではないかと思うのですが、そううまくいかないのが現実なのかなと感じます。

散歩怖くない!ダニ予防スプレーで愛犬元気!

犬を飼っています。

以前犬の目元がぽこっと大きくなっていたので、心配になって動物病院に行ったら、なんとダニが原因でした。それからはノミダニ駆除薬を使用するようになりました。

きっと散歩をしたときにダニがついてしまったんだろうと思いますが、血が出てしまいとてもかわいそうで、これからはダニやノミ対策をペットの飼い主として、しっかりやってあげようって反省しました。知識不足でした。

ダニ予防スプレー「ダニーム」でダニ予防をしてるのですが、犬の身体にスプレーをしてブラッシングをするだけなのでとても気楽ですし、時々ダニがポロっと落ちてくるんですよね。安全な成分なので目の周りや口の周りでも、安心して使うことができるところが魅力的だなぁと思います。

無臭なのでうちの犬もストレスにならないようですし、以前はよく身体をかゆがっていたのに、今はかゆそうにすることがなくなりました。食欲が落ちるかもしれないといった副作用が報告されているようですが、うちの犬は大丈夫で食欲もりもりで元気ですね。

ほんの少しの心がけで、顔のたるみやしわとはさよならできる

自分と同じくらいの年齢なのに、実年齢以上に歳を取って見える人に出会ったことがあります。

そういう人から話を聞いてみると、仕事が異常に忙しいキャリアウーマンだったり、過度のストレス、または生活苦などが原因なのだと思います。そういうものを抱えていると、肌は絶対に綺麗になりません。

私も若いときは無理をしたものです。将来に備えてできるだけお金も貯めたかったし、顔の事も健康の事も少しも考えていなかったのです。でも、そんな生活は年々顔を実年齢以上に老化させる一因となっていました。

職場などで、自分と同じ年の同僚が自分以上に若々しいのを見て初めて焦りを感じたものです。それで、私はもはや自分の顔はメンテナンスなしでは保てないものだという事を悟りました。

まず、私が始めたことは、しっかりと睡眠をとることです。侮るなかれ、この睡眠こそが実は私がシワとさよならする上で一番効果があったことだと思っているのです。睡眠不足になると、ある年齢以上からはダイレクトに顔に疲れが出ます。

それは、たるんだ目の下や、目の周りの細かいしわなどに現れるのです。やりたいことや、見たいテレビなどがあっても後回しにして、まずは一日8時間しっかり寝ることで肌はかなり張りが出てきます。

そして、化粧品にはあまり頼らず、肌本来の力を引き出すように、出来るだけシンプルな化粧水と乳液のセット位にしておきます。ただ、化粧水を湿布する前に蒸しタオルで毛穴を開き、出来るだけ沢山浸透するようにちょっとひと手間かけてあげる事がお勧めですね。

ひと手間と言っても、電子レンジでタオルをチンするだけなので、これを毎日の夜の習慣にするとよいと思います。私は、シンプルなたったこの二つの方法で小じわをすっかり撃退し、実年齢は39歳ですが35歳以上に見られることはありません。継続は力なりだと思います。

ほうれい線を目立たなくする「表情筋」のエクササイズ

みなさんは、年齢の割りに若く見られる人に出会うと、正直言ってうらやましく思いますよね。

実際、年齢の割りに老けて見られる人の方が多いとは思いますが、その原因はほうれい線などの影響による顔のたるみかもしれません。顔がたるんでいると、どうしても老いているようにいえてしまいます。ですから、顔のたるみを解消すれば、若くも見られるし、結果的に美容健康にもつながるというわけですね。

顔のたるみの原因は表情筋と言う顔に多い筋肉になります。この表情筋は、名前のとおり表情を作る役割を持つ筋肉ですが、笑ったり泣いたり、あるいは大きい口を開くときに頻繁に使われるようになっています。

そして表情筋は、使わないとたるんでしまうので、表情筋をしっかり使うことで顔のたるみを軽減できることが十分可能なのです。表情筋しっかり鍛えるには、顔の筋肉を使ったマッサージやエクササイズがよいでしょう。

口をしっかり開いたり、あごの周りをしっかりなでたり、あごそのものを無理のない範囲で動かしてやることで、十分顔のたるみを改善することが可能です。

例えば、普段から、喋るときに口をしっかりと開けることだけでも、表情筋をしっかり使うことにつながります。何気ない所作をみなおして意識付けて使うことで、顔のたるみ防止につながります。

ほうれい線のせいで老けて見られてしまう

年齢のわりにほうれい線がくっきりでていて、とても目立つ顔。これがあるだけで、老けて見られてすごく嫌な思いをしました。笑った後、ファンデーションがほうれい線に沿ってよれておばあちゃんのシワみたいになっています。誰かに指摘されるまえに、メイク治しをしないとと、いつも気にしています。なんだか、それも疲れるなと思いつつも、やめるわけにもいきません。

表情に合わせて動かす場所だから、どうしようもないのかなと思っています。

ほうれい線のケアを昔TVで見ました。それは、口の中から、ほうれい線のマッサージをするというの物でした。口に手を入れて、ほうれい線のところを押す様に指をスライドしていきます。イメージとしては、へこんだ部分を押し戻すような感じです。本当に効くのかどうかはわかりませんが、やらないよりはいいだろうと思っています。

ほうれい線に張るパックのようなものも使っています。寝る時に張って寝るだけの簡単なケアです。少しでも、これらのケアの効果が出てくれることを祈るばかりです。

フェイシャルの産毛処理するなら理容室かな

顔の産毛を処理すると、化粧のノリが違うと聞いて、自分でカミソリで剃ったことが何度かあります。確かに肌がワントーン明るくなったように感じるし、手触りもツルっとして化粧ノリは良かったです。

でも少しヒリヒリとして肌荒れをしたので、頻繁にするようにはなりませんでした。

あと、私はズボラでおおざっぱなので、丁寧にこまめに産毛を処理するという行為が向いていないのもあります。剃り残しがあると、逆に産毛が目立ってしまうことになりますので。

今は口周りや眉辺りの産毛が気になった時に軽くカミソリで剃る程度しかしていません。

ただ自分の結婚式の時には気になったので、ブライダルエステで顔剃りをしてもらいました。その時は特に肌荒れもなかったです。剃り方やカミソリ自体が違うのでしょうか。やっぱりプロだなと思いました。

プロといえば、理容室では女性でも顔剃りをしてもらえますよね。私も理容室で髪を切っていましたが、顔剃りもしてもらっていました。その時も肌荒れはなく、ツルツル感を感じていた記憶があります。

特に肌荒れしないのなら顔の産毛は処理した方が良いことが多いように思います。私は普段必要性を感じないので、次に顔剃りしたいなと思ったら肌荒れしにくいプロに頼みます。

私にとってはエステサロンは行きづらい場所なので、行くとしたら近所の理容室に行きます。熟練の技、という感じもするので安心できますしね。